両親への手紙 文例

新郎の両親への手紙 文例

新郎が両親への手紙を読み上げるセレモニーをするのは、正直あまり見かけません。恥ずかしいというのが本音だからでしょう。

大勢のゲストの前で感謝の気持ちを読み上げるのは、確かに恥ずかしいとは思います。感謝の気持ちを面と向かって言うのも、何だかやりずらい。だからこそ新郎の両親への手紙は盛り上がります。

新婦がやるよりも、感動的な演出になる可能性を秘めています

両親への手紙の渡し方

大勢の前で読み上げるのが恥ずかしいのであれば、両親への感謝の手紙を書いたら、それをハネムーン中に届くようにポストに投函しておいたり、渡す方法を考えてみてはいかがでしょう。

両親への手紙はセレモニー化してますが、内輪な事なので結婚披露宴中に行うのを、快く思わない方もいらっしゃいます。

そんな事情も加味して、結婚披露宴中には渡さずに、そっと感謝の気持ちを込めて送ってはいかがでしょう。サプライズとしてオススメです。

両親への手紙 文例

これから文例と注意点、テクニックも紹介していきます。
ですが文例はあくまで参考程度にして下さい。

あなたから両親への感謝の気持ちを伝えるのに、マニュアルにたよるなんて間違いです。あなたの素直な気持ちを表現して伝えましょう

それこそが、本当の両親への感謝の手紙になる事を忘れないで下さい。